PR

ニュース 社会

自民・二階俊博幹事長「判断に従うのが通常だ」 佐川宣寿氏不起訴受け

自民党の二階俊博幹事長(飯田英男撮影)
Messenger

 自民党の二階俊博幹事長は31日、森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題で佐川宣寿前国税庁長官らが不起訴になったことを受けて「これですっきりして、(財務省職員は)仕事に励んでいただきたい。(大阪地検が)こういう判断をした以上は、それに従うのが通常だ」と述べた。党本部で記者団に語った。

 また「昨年2月以来、1年以上にわたって繰り返し議論されてきた。もう少し早く結論が出た方が当事者や関係者にとってはいい」とも述べた。

 麻生太郎副総理兼財務相の責任については「考えたこともなければ、申し入れたこともない」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ