PR

ニュース 社会

鍬をライフルと誤認? 関越道が1時間通行止め

Messenger

 30日午前8時35分ごろ、関越自動車道下り線の埼玉県坂戸市付近で車に乗っていた人から「ライフルのようなものを持った人が見えた」などとする110番通報が2件あった。

 埼玉県警によると、西入間署員が周辺を捜索したところ、鍬(くわ)を持って農作業中の人を見つけた。ライフルのようなものは確認できず、通報者が鍬をライフルと誤認したとみている。

 この影響で、関越道の東松山-鶴ケ島インターチェンジ間の上下線が約1時間にわたり通行止めとなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ