PR

ニュース 社会

レオパレス206棟施工不備 屋根裏の防火・遮音壁、全棟調査

Messenger
屋根裏の間仕切り「界壁」の施行不備について、会見の冒頭で頭を下げるレオパレス21の田尻和人取締役専務(中央)ら=29日午後、東京・霞が関の国交省(宮崎瑞穂撮影)
屋根裏の間仕切り「界壁」の施行不備について、会見の冒頭で頭を下げるレオパレス21の田尻和人取締役専務(中央)ら=29日午後、東京・霞が関の国交省(宮崎瑞穂撮影)

 賃貸アパート大手「レオパレス21」(東京)は29日、同社が全国で建設した賃貸アパート206棟で、住戸間を仕切る屋根裏の「界壁」に施工不備があったと発表した。界壁は建築基準法で防火・遮音性能の確保のために必要と規定されており、隣室への生活音の漏れなどにつながっている恐れがある。

 同社は29日、管理本部長の田尻和人専務らが国土交通省で会見し、「多大なるご心配とご迷惑をおかけし、深くおわびする」と陳謝。「防火面でただちに危険があるとは認識していない。音漏れがしすぎて、住むのに支障があるということではない」と釈明した。

 同社によると、3、4月にオーナーから書類と実際の施工が異なると指摘を受けて発覚。同社の施工アパート計3万7853棟の全棟調査を進めている。これまでに、平成6~21年に建設した鉄骨造と木造の2、3階建てアパート474棟のうち、東京、神奈川、大阪、兵庫など全国の物件で、界壁なしが185棟、施工不備が21棟あるのを確認した。

 同社は問題の原因として、界壁が記載されていない図面を施工業者に渡していたことや検査体制に不備があったことを挙げた。

 計206棟は建築基準法違反の疑いがあり、問題がある物件は補修工事を実施する。費用は1棟当たり約60万円と試算している。

 不備が多発したとみられる時期の物件から調査を進めており、不備の割合は現状よりも下がるとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ