PR

ニュース 社会

市立中で個人情報カード紛失、1クラス34人分 茨城・取手

Messenger

 茨城県取手市教育委員会は24日、市立藤代南中で生徒の個人情報を記したカード34人分を紛失したと発表した。情報流出や不正使用は確認されていない。

 市教委によると、紛失したのは大規模災害時などに使う緊急連絡用カードで、昨年度の2年生1クラス分。ファイル1冊に入れ、職員室内のロッカーの上に置いてあった。4月4日午後4時ごろ、昨年度の担任だった女性教諭が使おうとして紛失に気付いた。

 カードには生徒の氏名や住所、自宅電話番号、保護者の携帯電話のアドレスなどが記載されていた。市教委は、施錠された場所で保管するよう指導した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ