PR

ニュース 社会

シェアハウス2社目の破産 スルガ銀、大半に融資

Messenger

 シェアハウス運営の不動産会社「ゴールデンゲイン」(東京)が、東京地裁から22日に破産手続き開始決定を受けたことが23日、分かった。社会問題化しているシェアハウス投資をめぐる破産は「スマートデイズ」(同)に続き2社目。

 ゴールデンゲインの物件所有者側の弁護士によると、所有者の大半が地方銀行のスルガ銀行から購入資金の融資を受け、審査書類の改竄(かいざん)なども相次いでいた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ