PR

ニュース 社会

セクハラ根絶へ取り組み強化 政府、女性活躍で重点対策

男女共同参画会議に臨む菅義偉官房長官(中央)。右は野田聖子総務相=23日午後、首相官邸(春名中撮影)
Messenger

 内閣府は23日、関係閣僚や有識者による男女共同参画会議(議長・菅義偉官房長官)を開き、女性活躍を進めるために政府が取り組むべき重点事項を決定した。前財務事務次官のセクハラ問題を受け、防止や被害者の保護対策推進を盛り込んだ。

 菅氏は「セクハラの根絶に向けた取り組みの強化やひとり親家庭への支援など、積極的に具体化を図ってほしい」と関係閣僚に呼び掛けた。

 重点事項では、セクハラを「重大な人権侵害」と指摘し、法的な措置義務が事業主にあることを踏まえ、セクハラ行為者への厳正な対処、相談窓口の整備などを徹底するべきだとしている。さらに、実効性を高めるよう新たな対策を検討することも求めた。

 重点事項を踏まえ、政府は6月、安倍晋三首相と全閣僚が出席する会合を開き、具体的な取り組み方針を決める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ