PR

ニュース 社会

ふん尿入りレジ袋を道路に投棄 計1千袋、男を逮捕

Messenger

 福島県新地町の県道などに、糞(ふん)尿入りのレジ袋を捨てたとして、同県警相馬署は23日、廃棄物処理法違反の疑いで、新地町駒ケ嶺、自称フリーライター、斎藤達也容疑者(34)を逮捕した。「部屋にたまったので捨てた」と容疑を認めている。

 同署によると、今年1月中旬ごろから、周辺の県道や町道で同様の事件が約40件確認されており、投棄された袋は計約1千袋に上るという。斎藤容疑者は全て関与を認めているという。

 逮捕容疑は、4月上旬、同町の県道上に自分の糞尿を入れたレジ袋約30袋を捨てた、としている。

 5月上旬、同署員が斎藤容疑者を職務質問した際、車内から糞尿入りの袋を見つけたことで、捜査対象に浮上した。同署は動機の解明を進める一方、余罪の裏付けを急ぐ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ