PR

ニュース 社会

【アメフット】反則行為「真相究明を」 日本大教職員組合が声明 選手への個人攻撃防止に配慮も要請

取材に応じる日本大教職員組合執行委員長の菊地香准教授=21日午後、東京都千代田区の日大本部前
Messenger

 日本大教職員組合は21日、大学当局に対し、アメリカンフットボール部の選手が関西学院大との定期戦で悪質な反則行為をした問題の真相究明を求める声明を出した。反則行為が「スポーツマンシップ以前に人間としての基本姿勢に反する事件」と強調。当局の対応も不透明、不誠実で「(内田正人)監督の辞任だけでは済まされない状況を自らつくってしまった。本学に対するイメージと社会的信用は深く傷つけられた」とした。

 その上で、当局が第三者機関への協力などを通して真相を明らかにし、関学大の関係者や日大の学生、教職員に説明責任を果たすよう要請した。反則行為をした選手が個人攻撃を受けないよう配慮も求めた。

 組合執行委員長の菊地香准教授は同日夕、東京都内の日大本部で人事部側に声明文を渡した後、取材に応じ「学生はかなり動揺している。どうして大学側がこのような対応を取ったのか説明してほしい」と話した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ