PR

ニュース 社会

所得隠しのチャネラー「千さん」に執行猶予つき判決 千葉地裁

Messenger

 千葉地裁(朝倉静香裁判官)は21日、脱税したとして所得税法違反罪に問われた、人気チャネラーの「千さん」こと山本千春被告(49)=千葉県市川市市川南=に懲役1年、執行猶予3年、罰金1000万円(求刑懲役1年、罰金1400万円)の判決を言い渡した。

 朝倉裁判官は執行猶予付きの判決とした理由について「所得税の逋脱(ほだつ)率は9割を超えて犯情は悪いが、逋脱分は全額納付し反省している」と述べた。

 判決によると、山本被告は平成25~27年、市川税務署に所得を過少に申告し、所得税計約4829万円の支払いを免れた。

 山本被告は「千さん」の名で、チャネリングを行うチャネラーとして全国でセミナーを行っていた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ