PR

ニュース 社会

【アメフット】「事態解明に遠い」「厳格処分が必要」 日大監督の対応、識者から厳しい声

5月6日に東京都内で行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(関学大提供・背番号をモザイク加工しています)
5月6日に東京都内で行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(関学大提供・背番号をモザイク加工しています)

 アメリカンフットボールの日本大と関西(かんせい)学院大の定期戦で日大選手に悪質な反則行為があった問題で19日に辞任を表明して謝罪した日大アメフット部の内田正人監督だが、識者からは対応に厳しい声があがった。

早稲田大の友添秀則教授(スポーツ倫理学)の話

 「何が問題で、どのように指導されたかなど、監督の口からきちんと語られず残念だ。責任を負うという形の謝罪では、事態の解明にはほど遠い。詳細を明らかにしなければ、再発防止や、大学の組織のあり方などの問題が提示できない。スポーツ倫理に絡む問題は、他のスポーツにも起こりうるため、危機管理対応に向けた議論が必要であろう」

スポーツ評論家の玉木正之氏の話

 「謝罪は遅きに失した。辞任は辞意として保留すべきで、本格調査と厳格処分が必要だ。学生スポーツは教育で学生を守ることが第一。日大アメフット部の体制を守る意向が強く、アスリートファーストが欠如していた。これは大学スポーツ全体の課題だ。近く創設される方針の統括組織『日本版NCAA』などを中心に、ガバナンスやさまざまな問題への監視体制を築いてほしい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ