PR

ニュース 社会

スクールバス横転、重傷者は八戸光星高サッカー部顧問…試合に向かう途中

道路ののり面に落ち、横転した私立八戸学院光星高校のスクールバス=19日午後0時50分ごろ、青森県おいらせ町
Messenger

 青森県おいらせ町で私立八戸学院光星高校(八戸市)のスクールバスが横転した事故で、県警三沢署などは、乗っていたサッカー部所属の生徒32人、監督や顧問を務める教職員3人の計35人全員を病院に搬送、うち顧問の教員1人が腰の骨を折る重傷だったと明らかにした。

 同校によると、顧問のほか、高校2年の男子生徒1人が頭から血を流して入院したという。いずれも命に別条はない。残る33人は診察後に帰宅した。骨折した顧問とは別の顧問がバスを運転、青森県ユースリーグの試合に出場するため青森市へ向かう途中だった。

 三沢署によると、事故当時、現場では小雨が降っており、路面はぬれていた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ