産経ニュース

「日本はやりやすい」とマレーシア詐欺集団 偽造クレカで暗躍 警視庁摘発件数の4割超

ニュース 社会

記事詳細

更新


「日本はやりやすい」とマレーシア詐欺集団 偽造クレカで暗躍 警視庁摘発件数の4割超

 警視庁が昨年1年間に摘発した偽造クレジットカードを使った詐欺事件のうち、マレーシア人による犯行が全体の4割超の33件に達し、国籍別で最多となったことが、捜査関係者への取材で分かった。今年の摘発件数も昨年同期の3倍超にのぼる。欧州に比べてクレジットカードの安全対策の遅れが指摘される日本が詐欺集団の標的となっている現状が警視庁の捜査で浮かび上がる。日本国内に偽造カードの製造拠点が作られている疑いもあり、警視庁は実態解明を急ぐ。

摘発件数、中国抜きトップに

 警視庁の調べによると、偽造カードを使って金品をだまし取る詐欺事件での昨年の摘発件数は75件。このうち、マレーシア人男女の犯行は33件で、国籍別で初めて1位となった。平成27、28年はともに0件で、わずか1年で急増した。過去に1位だった中国は昨年31件、日本は7件だった。

 マレーシア人の事件は今年に入っても増加傾向が続き、3月までの件数は17件で、昨年同期の5件を大きく上回っている。

 捜査関係者によると、被害は銀座や新宿、渋谷などの繁華街に集中。観光目的を装って来日したマレーシア人が、単独か2人組で、百貨店などの高級ブランドショップでバッグや時計、化粧品などをだまし取る事例が多い。

 これら実行役はマレーシア国内からの指示で行動していたことが確認されており、同国内の詐欺集団が関与している疑いが強い。

日本では「今が稼ぎ時」

 「日本はカード詐欺がやりやすい」「今が稼ぎ時だ」。捜査関係者によると、警視庁がこれまでに逮捕した実行役マレーシア人の一部は取り調べに対し、マレーシア国内で指示役から実行役になるよう勧誘されたときの誘い文句をこう説明している。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング