PR

ニュース 社会

強制不妊手術、きょう一斉提訴 国の政策…「人生返して」

Messenger

 弁護団によると、男性の手術記録は見つかっておらず、下腹部に残る2本の傷跡や家族の証言を主な証拠にするという。「手術を受けた人たちの将来を国は考えてはくれなかったのか、と問いたい」。男性はそう訴えた。

【用語解説】旧優生保護法

 「不良な子孫の出生防止」という優生思想に基づく目的を明記。ナチス・ドイツの「断種法」の考えを取り入れた国民優生法が前身で、知的障害や精神疾患、遺伝性疾患などを理由に本人の同意がなくても不妊手術を認めた。ハンセン病患者は同意に基づき手術された。「障害者差別に当たる」として平成8年に「母体保護法」に改正。欧米諸国にも同様の法律があった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ