産経ニュース

1歳男児衰弱死、体重わずか3.8キロ 25歳の両親を逮捕「泣かないからミルク与えず」

ニュース 社会

記事詳細

更新


1歳男児衰弱死、体重わずか3.8キロ 25歳の両親を逮捕「泣かないからミルク与えず」

山辺容疑者らが住んでいたマンション=16日、埼玉県桶川市(竹之内秀介撮影) 山辺容疑者らが住んでいたマンション=16日、埼玉県桶川市(竹之内秀介撮影)

 埼玉県警は16日、1歳1カ月の三男に十分な食事を与えず衰弱死させたとして保護責任者遺棄致死の疑いで、埼玉県桶川市東の建設関係の会社員、山辺拳士郎容疑者(25)と妻の無職、仁美容疑者(25)を逮捕した。

 発見当時、三男の晴(はると)ちゃんの体重は3.8キロで、同年齢の標準体重の3割程度。身長も平均より15センチ低い約60センチだった。虐待の痕はなかったが、県警は長期間わずかな食事しか与えていなかったとみて死亡した経緯を詳しく調べている。

 逮捕容疑は自宅マンション内で晴ちゃんに十分な食事を与えず、低栄養状態に陥らせ、昨年10月9日に死亡させたとしている。布団の中で晴ちゃんの意識がないことに仁美容疑者が気付き、山辺容疑者が「子供が冷たくなっている」と119番通報。県警上尾署員らが駆け付けたが、晴ちゃんは死亡していた。2人は「子どもが泣いたらミルクを与えていたが、泣かなかったら与えていなかった」と容疑を認めている。

 一家は両容疑者と長男(4)、次男(3)、晴ちゃんの5人暮らし。長男と次男の健康状態に問題はなく、児童相談所を通じて施設に保護された。県警は晴ちゃんだけ食事を与えられなかった理由などを調べている。

 山辺容疑者の勤務先の上司は「まじめな性格で子供を大事にしていたのに、信じがたい」と話した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング