PR

ニュース 社会

女性介護職員の胸刺す 入居者の87歳男を逮捕 重度の認知症か

事件が起こった「花みづき寮」=高崎市(糸魚川千尋撮影)
Messenger

 16日午前5時55分ごろ、群馬県高崎市新町の特別養護老人ホーム「花みづき寮」で、女性介護士(23)が入所者の男(87)に刃渡り約8センチのはさみで左胸を刺された。女性は軽傷で、群馬県警高崎署は殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕した。

 同署によると、男は認知症の疑いがあり、4月に入所。2階リビングではさみを持ち歩いているのを女性が注意したところ、突然刺されたという。男は「やっていない」と容疑を否認しており、同署は認知症の影響などを慎重に調べる。

 施設を運営する社会福祉法人によると、男は重度の認知症で、これまでも男性職員を鍋で殴ったり、暴言を浴びせるなどの症状があったという。事件当時、施設には夜勤の介護士5人が勤務。男の居住エリアでは男を含む入居者10人を被害女性が担当し、現場リビングには食事を細断する調理用のはさみがあるという。

 施設関係者によると、男は昨年4月に妻を亡くし、施設入居まで長男と2人暮らしだった。歩行や食事などはできるものの、24時間体制の介護が必要という。

 近所の女性(37)は施設はにぎやかで明るい雰囲気だったといい、「入居者がそんなことをするなんて」と驚いていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ