産経ニュース

信用金庫に強盗、1100万円奪う東京・杉並

ニュース 社会

記事詳細

更新


信用金庫に強盗、1100万円奪う東京・杉並

現金約1100万円が奪われた西武信用金庫西荻窪支店=16日午前9時50分、東京都杉並区(津川綾子撮影) 現金約1100万円が奪われた西武信用金庫西荻窪支店=16日午前9時50分、東京都杉並区(津川綾子撮影)

 16日午前8時ごろ、東京都杉並区西荻南の西武信用金庫西荻窪支店にバールのようなものを持った男が押し入り、現金を奪って逃げたと110番通報があった。同支店の金庫にあった現金約1100万円がなくなっているといい、警視庁荻窪署が強盗事件として逃げた男の行方を追っている。

 荻窪署によると、出勤してきた男性支店長(50)が職員通用口の鍵を開けて店の中へ入った際に、男が侵入。バールのようなもので支店長を殴って「カネを出せ」などと脅し、地下にある金庫の鍵を開けさせたという。支店長は頭などを数回殴られており、同署はけがの状態を調べている。支店の営業開始は午前9時だった。

 同署によると、男は30~40代で、身長175~180センチ程度。白色の作業用ヘルメットを被り、ベージュ色の作業着に黄色い腕章をつけていたという。

 あとから出勤してきた女性職員が逃走する男を目撃し、別の職員を通じて110番通報した。

 現場はJR西荻窪駅近くの商店街の一角。周辺には一時規制線が張られ、警察車両が集まるなど物々しい雰囲気となった。

このニュースの写真

  • 信用金庫に強盗、1100万円奪う東京・杉並

「ニュース」のランキング