PR

ニュース 社会

穴に生き埋め、31歳作業員死亡 鉄塔建設現場、宮崎

Messenger

 15日午前10時20分ごろ、宮崎県高千穂町押方の鉄塔建設現場で、支柱を立てる穴の土砂が崩れ男性作業員が生き埋めになった。高千穂署によると、男性は九州電力の下請け会社社員、柴山歓也さん(31)=鹿児島県出水市中央町=で、病院搬送後に死亡が確認された。

 九州電力によると、穴は直径約2・4メートル、深さ約2メートルで、柴山さんは土の崩落を防止するプレートの取り外し作業のため、1人で中に入り作業していた。高千穂署は土砂が崩れた原因を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ