PR

ニュース 社会

盗撮と住居侵入「悪質」 神奈川新聞前支社長に有罪判決

Messenger

 女子高校生のスカート内を盗撮したなどとして、神奈川県迷惑行為防止条例違反と住居侵入の罪に問われた神奈川新聞社の前横須賀支社長、熊坂哲司被告(59)=懲戒解雇=に横浜地裁横須賀支部は15日、懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 判決理由で植村幹男裁判官は「大胆で常習性も著しく、犯情は悪質」と指摘した。

 判決によると、熊坂被告は平成28年11月~今年1月、知人女性宅に侵入して洗濯物の下着を撮影したり、神奈川県横須賀市の飲食店のトイレにカメラを設置したりしたほか、京急電鉄の駅や電車内で女子高校生のスカート内を盗撮した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ