産経ニュース

【新潟女児殺害】黒い車、関与男浮上 乏しい物証、目撃情報積み重ね

ニュース 社会

記事詳細

更新

【新潟女児殺害】
黒い車、関与男浮上 乏しい物証、目撃情報積み重ね

遺体発見現場近くの道路で、1台ずつ車を止めて聞き込みをする警察官=14日午後、新潟市 遺体発見現場近くの道路で、1台ずつ車を止めて聞き込みをする警察官=14日午後、新潟市

 捜査関係者によると、男は当初、事件への関与を否定していたが、捜索などの結果を示すと、認める供述を始めたという。任意聴取の開始から、およそ10時間が経過していた。

 事件では「物的証拠に乏しい」と、捜査関係者は口をそろえた。

 大桃さんの足取りが途絶えたのは7日午後3時15分すぎ。一緒に下校していた友人らと別れ、幹線道路から生活道路に折れた直後だった。

 ただ、生活道路には防犯カメラは設置されておらず連れ去った際の直接の状況は判然としなかった。このため、捜査本部は捜査員130人態勢で、幹線道路で検問などを実施。この時間帯に現場を通っていた車からドライブレコーダーの提供を求め、生活道路へ入り込むなどした不審車の割り出しを進めていた。

 その結果、「黒い車」が捜査線上に浮上してきたという。車を使っていたのは近所の男と判明。生活道路は住民以外が利用することはあまりなく、捜査本部は当初から土地勘がある人物が関与していた疑いがあるとみており、見立てと合致するなどし、男に任意同行を求めた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング