PR

ニュース 社会

【新潟女児殺害】黒い車、関与男浮上 乏しい物証、目撃情報積み重ね

遺体発見現場近くの道路で、1台ずつ車を止めて聞き込みをする警察官=14日午後、新潟市
Messenger

 事件は発生から14日で1週間を迎え、急展開した。新潟市西区の線路で小学2年の大桃珠生さん(7)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件は、男(23)の関与が濃厚になった。物的証拠が乏しい中、新潟県警新潟西署捜査本部は目撃情報の収集や精査を進め、男を浮上させた。ただ、7歳の女児に手をかけたとみられる男は近所の住民。「どうして」。事件以降、緊張を強いられてきた保護者らは複雑な表情を浮かべた。

 14日午前7時すぎ、捜査員の姿は、現場から約4キロ離れた道の駅「新潟ふるさと村」にあった。駐車場には黒の軽乗用車。捜査関係者によると、遺体が遺棄された7日の夜に現場周辺で度々目撃されていた車だったという。

 車を捜査車両が挟み、出勤途中だった男に任意同行を求めた。男は抵抗する様子もなく、捜査車両に素直に乗り込んだ。目撃した施設関係者は「(男は)やや疲れ、やつれたように見えた」と話す。捜査員は、その後、車をレッカーで移動し、車内を検証。大桃さんの事件につながる手がかりを捜索した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ