産経ニュース

フェイスブック、妖精キャラ…最高裁、ゆる~く採用PR インターン応募が定員の10倍に

ニュース 社会

記事詳細

更新


フェイスブック、妖精キャラ…最高裁、ゆる~く採用PR インターン応募が定員の10倍に

 民間企業などの採用活動が激化する中、裁判所内でも人材獲得への危機感は根強い。事務官の採用試験志願者数は平成27年度の一般職計1万9737人、総合職計1787人に対し、28年度は他の公務員試験と日程が重なったこともあり、いずれも減少した。

 こうした状況を背景に、最高裁も採用活動で新たな試みを次々と始めている。28年12月には、採用FBページを開設。職員が考案した妖精のゆるキャラ「さいたん」が、仕事内容や採用日程などを紹介する。インターンも28年から家裁調査官、29年から事務官で開始。29年度は事務官で一般職の志願者数が増加に転じた。

 「高い専門性が身につき、社会の変化を肌で感じることのできる魅力ある仕事」と担当者。インターンの募集情報は裁判所ホームページでも紹介している。

「ニュース」のランキング