産経ニュース

フェイスブック、妖精キャラ…最高裁、ゆる~く採用PR インターン応募が定員の10倍に

ニュース 社会

記事詳細

更新


フェイスブック、妖精キャラ…最高裁、ゆる~く採用PR インターン応募が定員の10倍に

 裁判所の仕事を知ってもらおうと、最高裁は8~9月に、全国の地裁や高裁などで働く「裁判所事務官」と、親子関係をめぐる裁判や少年事件を扱う「家庭裁判所調査官」のインターンシップ(就業体験)を実施する。学生に有利な「売り手市場」で人材獲得が難しくなる中、フェイスブック(FB)や「ゆるキャラ」を活用して“お堅い”イメージを覆す広報戦略を展開。昨年は初開催の事務官インターンに定員の10倍超の応募が寄せられ、採用試験の志願者数も増加に転じるなど、学生の注目を集めつつある。(滝口亜希)

 「事務官の新規採用は男女比が半々だが、管理職希望者の女性は少ない」「採用から5年程度で全職員を対象にした管理職インターンを行ってはどうか」

 昨年8月に最高裁で初めて実施された事務官インターン。学生らが活発な議論を交わした。最高裁が「就職先の選択肢にしてもらうため、裁判部門にとどまらない仕事内容を知ってもらいたい」と企画。約180人の応募が寄せられた。

 参加者に選ばれたのは16人。3日間で裁判に関する業務のほか、マネジメント業務についても職員と意見交換し、最終日には「女性活躍策」や「裁判員裁判への国民の参加」をテーマにアイデアを発表した。

続きを読む

「ニュース」のランキング