PR

ニュース 社会

【新潟女児殺害】遺棄直前に白い不審車 当日朝「黒い服の男に追いかけられた」被害女児訴え

Messenger

 新潟市西区青山水道のJR越後線の線路で、近くに住む小学2年の大桃珠生(たまき)さん(7)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、遺体の遺棄直前とみられる時間帯に線路近くで白い車に乗った不審な男が目撃されていたことが9日、分かった。遺棄当日の7日朝に大桃さんが学校に登校した際に「途中で黒い服を着た男に追いかけられた」などと友人に話していたことも判明。新潟県警新潟西署捜査本部は、周辺の不審者情報の精査を進めるなどして関連を調べる。

 捜査本部によると、大桃さんの遺体は7日午後10時20分から30分までの約10分間に線路上に遺棄されたとみられ、死因は窒息だった。捜査関係者によると、白い車は7日午後8時ごろに現場付近の踏切近くの道路に止まっていた。不審に思った近隣住民が近づくと、運転席の男は顔を伏せ、すぐにエンジンをかけて立ち去った。

 一方、市教育委員会によると、大桃さんは同日朝の登校途中に「黒い服を着てサングラスをかけたおじさんに追いかけられた」などと、同じクラスの友人らに話していたという。同日夕に母親が「帰宅しない」と学校側に連絡した後、職員らが捜索する過程でこの話を把握。学校側が警察に伝えた。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ