PR

ニュース 社会

【新潟女児死亡】絞殺後、線路に置かれたか 顔に鬱血…遺体は不明の小2女児と判明

女児の遺体が見つかった現場周辺を調べる警察官=8日、新潟市西区(松崎翼撮影)
Messenger

 新潟市西区のJR越後線で7日夜、女児が電車にはねられた事件で、死亡が確認された女児は7日夕から行方不明になっている同区の小学2年であることが新潟県警の調べで8日、分かった。顔に鬱血(うっけつ)があり、電車にはねられる前に首を絞められ、遺体を線路上に置かれた可能性があるとみて、殺人容疑も視野に同日午後に新潟西署に捜査本部を設置する。

 女児は7日午後10時半ごろ、西区青山水道のJR越後線青山-小針間の線路上で新発田発内野行き普通電車(4両編成)にはねられ、その後、死亡が確認された。

 同署は7日夕、西区の小学2年の女児の母親から「娘が帰ってこない」と電話を受けていた。同署によると、電車の運転士は「人が線路付近に横たわっているのが見えてブレーキをかけた」と話しているという。現場近くの線路上にランドセルが落ちていた。

 現場は小針駅近くの住宅が立ち並ぶ一角。歩行者らが線路に入るのを防ぐ柵が設置されていた。列車の乗客約170人にけがはなかった。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ