PR

ニュース 社会

茨城・守谷で3件の連続不審火 埼玉の現場から十数キロ…関連を捜査

Messenger

 茨城県守谷市で6日未明、住宅などが燃える火事が3件相次いだ。県警は連続不審火とみて捜査している。千葉県野田市を挟んで直線距離で十数キロの埼玉県越谷市や吉川市で連続した不審火との関連も調べている。

 取手署によると、6日午前3時ごろ、守谷市松ケ丘の無職、清水昭利さん(72)方から煙が出ているのを近くの住民が見つけ、119番通報した。約3時間40分後に鎮火したが、鉄骨2階建て住宅を半焼した。

 7分後には約150メートル離れた会社員、斉藤隆さん(60)方から煙が出ているのを近くの住民が発見、110番通報した。約2時間35分後に鎮火したが、木造2階建て住宅を半焼した。

 同じ時間帯に斉藤さん方に隣接する住宅でもごみが燃えているのが見つかった。いずれもけが人はなかった。

 埼玉県越谷市と吉川市では2日未明、半径1・5キロの範囲で民家などが焼ける不審火が4件相次ぎ、1人の遺体が見つかり、男性1人が重傷を負っている。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ