PR

ニュース 社会

【神奈川県警 若きホープたち】(中)「被害者のため」犯行の瞬間捉える 人身安全対策課事態対処係・千葉奨巡査

Messenger

 神奈川県警人身安全対策課 ストーカー事案のほか、ドメスティックバイオレンス(DV)、児童虐待などに一元的に対応する。平成24年11月の逗子市ストーカー殺人事件や、25年5月に伊勢原市で女性が元夫に切りつけられた殺人未遂事件で、被害者側から事前に相談を受けながら防げなかったことを教訓に、同年7月に前身の「人身安全事態対処プロジェクト」が発足。被害届の有無などに関係なく、各署に寄せられた全ての情報を集約する体制を整えた。現在は、刑事部門と生活安全部門から集められた約90人が専従捜査員として所属している。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ