PR

ニュース 社会

【TOKIO会見・詳報(7)】城島茂さん「本来は泣き言を言わないタイプ。会見はびっくりした」

Messenger

 松岡さん「事務所やメンバーになぜ言えなかったのか、僕らが気付かないうちにそういう空気を出してしまったのか、そんなつもりは一切なかったんですけど。僕らが聞いたのは彼自身から、『そういったことがあり、起きたらいなかった、連絡も何にもなかった。ある日突然、刑事さんが2人来て、それから3回も事情聴取をお願いされた』ということです。どういう気持ちで一体、テレビに出ていたのかな、自分が逆の立場なら、そのメンタルはないです」

■「本来は泣き言を言わないタイプ」

 --30日に話し合ったとき、具体的に『解散』の言葉を松岡さんは口に出したのか 

 松岡さん「そういう甘えの根源になるグループならなくす方がいい、と言いました。つまらないオブラートに包んだ記憶があります。解散といえばよかったのですけど、言えない自分がいました。あと、辞表を出したとき、彼に僕は怒りました。もし彼が僕の立場なら『僕が出した辞表を会社に出せるのか』『それはずるい』と言いました」

 《あふれる涙をこらえ、鼻声になりながら松岡さんは語った》

 --会見では「戻りたい」と言っていた山口さんが、30日の話し合いでは「辞めさせてくれ」と言ったというが、その心境の変化はなにか

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ