PR

ニュース 社会

コンテスト写真を無断使用 山形・鶴岡市

Messenger

 山形県鶴岡市は1日、県主催のコンテストに応募された写真約20点を、本人の許可を取らずに市観光連盟のホームページ(HP)などに掲載していたと明らかにした。

 市観光物産課によると、4月6日にHPの写真を更新したところ、11日に撮影者の男性から「無断で使われている」と指摘があった。男性からは著作権を譲り受けたが、調査の結果、他にも20作品を市や観光連盟のHPやパンフレットに無断使用していたと判明した。

 作品はいずれも平成27~28年、県主催の「庄内観光フォトコンテスト」に応募された風景写真。市観光物産課長が審査員の一人で、課内の共有ファイルに審査用のデータが残っており、別の職員が誤って使ったという。市は県を通じて撮影者に連絡するとともに、写真データの管理方法を見直すと説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ