PR

ニュース 社会

広域資産家強盗に関与か 新宿で逮捕の男ら 警視庁が捜査

Messenger

 東京都武蔵村山市と新宿区で今月、民家に複数の男が押し入る強盗・強盗未遂事件があり、警視庁捜査1課が、逮捕された男らが関東地方などで発生した複数の強盗事件に関与した可能性があるとみて捜査していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。グループは家の資産や住人などの情報を事前に入手し、広域で犯行に及んでいたとみられ、捜査1課は全容解明を進める。

 捜査関係者によると、グループは資産のある高齢者や女性宅などをねらい、計画的に犯行に及んでいた可能性がある。平成28年以降、関東地方などでは複数の男が住人の手足を縛り、金品を奪う今回と同様の手口の強盗事件が複数発生しており、捜査1課が関連を慎重に調べている。

 警視庁はこれまでに、4月12日に新宿区百人町の住宅に侵入し、家事代行業の女性(61)の手足を粘着テープで縛るなどして金品を奪おうとしたとして、強盗未遂などの容疑で静岡県富士市中丸の職業不詳、土屋勇太容疑者(23)ら男2人を逮捕。その1週間後に武蔵村山市の住宅で住人の男性(60)の手足を縛り、現金約400万円を奪ったとして、強盗容疑でブラジル国籍の20代の男1人を逮捕している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ