PR

ニュース 社会

そっくりペンライト訴訟 被告側、争う姿勢 第1回口頭弁論、東京地裁

ルイファン・ジャパンの「キングブレード」(上)と同社が入手した「類似品」。光のムラに違いがあるという
Messenger

 コンサート用ペンライト「キングブレード」を製造する「ルイファン・ジャパン」が、類似品の販売で営業上の利益を侵害されたとして、製造販売会社「HAPPYJOINT」を相手取り、商品の販売差し止めなどを求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、東京地裁(佐藤達文裁判長)であった。被告側は請求棄却を求める答弁書を提出し、争う姿勢を示した。

 訴状によると、被告商品のペンライトは原告商品と形状がほぼ同じで「意匠権の侵害や不正競争に当たる」と主張している。キングブレードシリーズはアイドルファンらに「キンブレ」の通称で知られる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ