PR

ニュース 社会

【財務次官セクハラ疑惑】会見詳報(1)矢野官房長「福田氏から十分な反証反論はない」事実を認定 調査は打ち切り

Messenger

 《約20秒にわたり、頭を下げて謝罪》

 矢野氏「財務省の調査でこれ以上、詳細を明らかにすることは困難。調査に時間をかけすぎることは被害者保護上、2次被害が拡大するなどの恐れもあり、これをもって調査を終了する。財務省全体として、今回の問題をきっかけとして、どう対処していくか、セクハラ・パワハラを決して許さない組織の在り方について、女性をはじめとする職員の意見を聞いて、速やかに対応を検討する」

 《質疑に入る》

 --弁護士による福田氏の聴取は、いつから始めて何回くらい行ったか

 伊藤氏「4月16日に文書で公表しているが、面談での聴取は3回。そのほか電話による事実関係の確認を行った。調査の詳細については、控えさせていただく」

 --本人はセクハラの事実は今も否定しているのか

 伊藤氏「行為については否定している。4月4日の夜に、1対1の飲食をしたことは認めているが、十分な反証反論は提示されていない」

 --反論・反証が提示されていないというのはどういうことか

 伊藤氏「テレ朝の記者会見で、セクハラに該当する言動があったとするが、明確な証拠を持って、福田氏が反論していることは確認されていないということです」

 --福田氏は提訴するとしたが、これは撤回していないのか

 伊藤氏「すでにお辞めになっているので、把握していない」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ