PR

ニュース 社会

【財務次官セクハラ疑惑】会見詳報(1)矢野官房長「福田氏から十分な反証反論はない」事実を認定 調査は打ち切り

福田淳一前財務次官のセクハラを認定し、謝罪する矢野康治官房長(左)と伊藤豊秘書課長=27日、東京都千代田区(西村利也撮影)
Messenger

 週刊誌でセクハラ疑惑が報じられ、財務事務次官を辞任した福田淳一氏について、財務省は27日、セクハラ行為が確認されたと公表。6カ月の減給20%の懲戒処分相当とし、約5300万円の退職金から差し引くと発表した。

 財務省は「調査に時間をかけすぎることも被害者保護上問題であるため、福田氏から特段の反論・反証がない限り、財務省としては、テレビ朝日が記者会見で明らかにした内容を前提として事実認定を行うこととした」と福田氏のセクハラ行為を認定した。

 セクハラ行為を否定する福田氏の主張に対し、4月4日夜にテレ朝の女性社員と1対1の飲食をしたことは認めたことやテレ朝が記者会見で明らかにした内容を覆すに足りる反論・反証を提示していないことを指摘。財務省としてセクハラ行為があったとの判断に至ったと結論づけ、処分の理由を説明した。

 矢野康治官房長と伊藤豊秘書課長の記者会見でのやり取りは以下の通り。

 矢野氏「セクハラ行為は被害女性の人権を侵害する行為で決して許されるものではないと考える。テレ朝には、その旨を社員の方にお伝えいただくよう伝えた。今回の事案は、約2週間、報道などを通じて国会審議にも混乱をもたらすことにもなっていることも、大変遺憾。関係者の方におわび申し上げます」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ