PR

ニュース 社会

東京・豊島区のアパート敷地に男児 命に別条なし

Messenger

 26日午後5時半ごろ、東京都豊島区西巣鴨のアパート敷地内で乳児が泣いているのを、訪れたヘルパーの50代男性が発見した。乳児は病院に搬送されたが目立った外傷はなく、命に別条はないという。警視庁巣鴨署は保護責任者遺棄の疑いで調べている。

 巣鴨署によると乳児は男の子で、生後数日とみられる。タオルにくるまれた状態で、敷地内の土の上に置かれていた。身元を示すようなものは残されておらず、同署はアパート周辺の防犯カメラなどから乳児を放置した人物を探している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ