PR

ニュース 社会

【神鋼データ改竄】神鋼に資料提出要請 捜査着手 改竄に手を染めた経緯解明へ

Messenger

 不正競争防止法は、業者間の公正な競争の確保を目的としており、商品の品質に関する虚偽表示や営業秘密の不正取得を禁じている。虚偽表示の法定刑は5年以下の懲役か500万円以下の罰金が科され、両方が科される場合もある。

 神戸製鋼は25日、「現在、捜査機関による捜査が行われている。関係者に多大な迷惑をかけたことを深くおわびする」とのコメントを出した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ