PR

ニュース 社会

少女嘱託殺人未遂に実刑 自殺願望「安易に応じた」

Messenger

 ツイッターに「死にたい」と書き込んだ10代少女を誘拐して殺害しようとしたとして、嘱託殺人未遂罪などに問われた朝日新聞販売所の元従業員、斎藤一成被告(28)の判決公判が24日、東京地裁立川支部で開かれ、矢野直邦裁判長は懲役6年6月(求刑懲役8年)を言い渡した。

 判決理由で矢野裁判長は「一緒に住む女性がほしいという身勝手な動機で自殺願望のある少女に目を付けた」と判断。殺してほしいという要請については「断るのは容易だったにもかかわらず、安易に応じた」と指摘した。

 判決によると、1月2日、東京都八王子市の自室に当時17歳の少女を誘い込み、手やビニールひもで首を絞め殺害しようとした。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ