PR

ニュース 社会

16歳少女を2カ月誘拐容疑 茨城県警、栃木の33歳の男を逮捕

Messenger

 茨城県警は23日、会員制交流サイト(SNS)で知り合った県内の少女(16)を約2カ月間自宅に連れ込んだとして、未成年者誘拐の疑いで、栃木県矢板市鹿島町、園芸業手伝い小野田晃浩容疑者(33)を逮捕した。

 茨城県警によると、小野田容疑者は、家出願望のあった少女にSNSで指示して「家出する」との趣旨の書き置きを家族宛てに残させていた。

 逮捕容疑は2月10日午前10時ごろ、当時、高校生だった少女を家出するようSNSで誘い出し、連れ去った疑い。

 連絡が取れなくなった少女の母親が2月13日、茨城県警に行方不明者届を提出。少女は友人とSNSでやりとりを続けていた。県警が分析するなどした結果、小野田容疑者宅にいる疑いが強まり、捜査員らが今月18日に少女を発見、保護した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ