PR

ニュース 社会

【衝撃事件の核心】「いじめ」が人生変えた? 自分の死亡届出した元消防士の動機

Messenger

 男が勤務していた消防の総務課では、取材に「日ごろから消防や同僚の悪口を言うことが多く、次第に周囲から孤立していったのは事実だ。ただ、こちらとしてはいじめと認識していない。欠勤が多く、依願退職した。特に非行があったわけではない」と答えた。

 消防を辞めてからは、コンビニやレンタカー会社でアルバイトなどをした。どの仕事も長続きしなかった。現在は離婚し、妻子とも別居した。

 今年2月、心配する父に男は「IT企業に就職が決まりそうなんだ」と答えた。東京・神田に本社があるのだという。

 「おまえ、パソコンちょっといじれる程度なのに、ITなんて大丈夫なのか?」

 そう聞く父に男は笑うばかりだった。ところが、数日後にやってきたのは、茨城県警とは別の関東地方の警察の捜査2課員だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ