PR

ニュース 社会

脱走事件受け顔認証技術を視察 法務政務官 開放的矯正施設の再発防止策

法務省の山下貴司政務官らに紹介された監視カメラと顔認証技術を組み合わせたシステム=19日午前、東京都港区
Messenger

 塀のない開放的矯正施設の松山刑務所大井造船作業場(愛媛県今治市)での受刑者脱走事件を受け、法務省の山下貴司政務官と幹部らが19日、再発防止策検討の一環として、東京都港区にあるNECの施設を訪れ、同社が開発している顔認証技術を視察した。

 事件を受けて設置された法務省内の検討委員会では、顔認証技術や衛星利用測位システム(GPS)を使った装置を開放施設に導入する案が浮上している。山下氏は視察後、報道陣に「方向性が決まっているわけではない」とした上で「技術を学ぶのは大切で、今後の法務行政に役立てたい」と述べた。

 視察では、NECの担当者が監視カメラと顔認証技術を組み合わせたシステムを紹介。山下氏らは、要注意人物として登録された人が指定区域内に入ると、画面上で顔が赤い枠に囲まれて表示される様子などを確認していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ