PR

ニュース 社会

【財務次官セクハラ疑惑】「セクハラ事実」「情報提供は不適切」テレ朝、未明の会見にメディア100人集結

福田事務次官のセクハラ問題について会見する篠塚浩取締役報道部長(右)と長田明・広報局長=19日未明、東京都港区(佐藤徳昭撮影)
Messenger

 「セクハラ行為があったことは事実」。財務省の福田淳一事務次官によるセクハラ疑惑問題で、自社の女性記者が被害者であることを明かしたテレビ朝日は19日未明の記者会見で、そう力を込めた。一方で、福田氏に無断で録音したことを明かし、週刊誌側に提供したことについて「取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為。当社として遺憾に思っている」とした。

 東京・六本木のテレビ朝日本社の会見場には、開始時刻が午前0時にもかかわらず、約100人のメディアが集結。篠塚浩報道局長と長田明広報局長が姿を現すと、おびただしい数のカメラのフラッシュがたかれた。

 篠塚氏によると、女性社員は約1年半前から数回にわたり、取材目的で福田氏と会食したが、そのたびにセクハラ発言があったため、「自らの身を守るために会話の録音を始めた」と経緯を説明。

 上司にセクハラの事実を報じることを相談したが、上司は女性記者の特定につながるために「報道は難しい」と伝え、女性記者が週刊新潮に連絡したという。

 篠塚氏は「セクハラの被害者である当社社員の人権を徹底的に守っていく考え」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ