産経ニュース

【座間9遺体】被害者全員の遺骨を遺族に返還 発覚から5カ月、確認作業が完了

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
被害者全員の遺骨を遺族に返還 発覚から5カ月、確認作業が完了

 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、今月中旬までに被害者全員分の遺骨が警視庁高尾署捜査本部から遺族に返還されたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。多数の遺骨がまとめて遺棄されていたことなどから鑑定に時間を要し、事件の発覚から約5カ月半を経て確認が完了した。

 捜査関係者によると、返還されたのは、9人に対する殺人と死体損壊・遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)の自宅で、箱などに入れられているのが見つかった頭部や約260の遺骨など。DNA型鑑定などで慎重に個人を識別し、復元するなどして返還の準備を進めていた。

 白石容疑者は昨年8~10月、ツイッターなどで知り合った9人を殺害したと供述。捜査本部は先月22日、さいたま市の県立高2年の女子生徒=当時(17)=に対する殺人容疑などで逮捕し、9人全員の事件を立件。東京地検立川支部は今月3日、刑事責任能力を調べるための鑑定留置を開始しており、約5カ月間の鑑定を経て全事件の処分を一括して決定する方針。

「ニュース」のランキング