PR

ニュース 社会

【財務次官セクハラ疑惑】「辞任遅い」「官僚全体のイメージが悪くなる」 うつむく霞が関の職員ら

事実上更迭され、記者の前に姿を現し立ち位置を確認する財務省の福田淳一事務次官(中央)=18日午後、東京・霞が関
Messenger

 東京・霞が関の財務省では、トップの不祥事を受け、職員らが硬い表情で帰路についた。

 毎週水曜のノー残業デーに当たったこの日、財務省の職員らは午後6時過ぎに一斉に帰宅を始めた。30代男性職員は「自分の仕事を全うするだけ」と言葉少な。40代女性職員は「辞任するのが遅いですよね」と言い残し、地下鉄の改札に続く階段を下りていった。

 他省庁の職員からは批判の声が上がった。「官僚全体のイメージが悪くなるのは悔しい。省庁はセクハラに対する意識が緩いと思われかねない。プライベートな時間でも、トップの自覚を持って見本となる行動を取ってほしい」。セクハラ対策に取り組んできた厚生労働省の20代男性職員は苦々しげに語る。

 同じく厚労省の20代女性職員は「どこの職場もセクハラには神経を使っている。自らの発言がどう受け取られるか、初歩的なことを考えていない状況に愕然(がくぜん)とする」と話した。

 財務省では森友学園をめぐる文書改竄(かいざん)問題で、省全体のナンバー2に当たる国税庁長官の佐川宣寿(のぶひさ)氏が辞任したばかり。ある中堅の国税庁男性職員は「トップとナンバー2が続けて辞職した衝撃は大きい。財務省どころか、霞が関全体のタガが外れてしまわないか不安だ」と動揺を隠せない様子だった。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ