PR

ニュース 社会

【新潟知事女性問題】立憲民主・福山幹事長、知事選で野党統一候補模索の考え 「原発という大きな政策テーマ」

記者会見後、県職員らにガードされながら県庁を後にする米山隆一知事=17日(松崎翼撮影)
Messenger

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は18日午後、米山隆一新潟県知事が辞職の意向を固めたことに絡み、後継を決める知事選で野党統一候補擁立を模索する考えを示した。東京都内で記者団に「新潟は原発という大きな政策テーマがある。野党みんなで戦える候補者を模索していきたい」と語った。

 女性問題が取り沙汰される中での辞職については「県民の期待を一身に受けて知事になって、まだあまり時間がたっていないにもかかわらず、このような事態になったのは非常に残念だ」と述べた。

 2年前の知事選で、立憲民主党の前身の民進党は自主投票を決めた。ただ、当時の蓮舫代表(現・立憲民主党参院国対委員長)が米山氏の応援に入るなど、実質的な支援に回る動きが党内にみられた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ