PR

ニュース 社会

連続強姦事件、NHK元記者に24年求刑 被告「犯人は私ではない」

弦本康孝被告
Messenger

 山形、山梨両県で当時20代の女性3人に性的暴行を加えたとして、強姦致傷などの罪に問われたNHK山形放送局の元記者、弦本康孝被告(29)の裁判員裁判の論告求刑公判が18日、山形地裁(児島光夫裁判長)で開かれ、検察側は懲役24年を求刑した。弁護側は改めて無罪を主張、結審した。判決は25日。

 検察側は論告で、犯行現場に残されたDNA型と弦本被告のDNA型が一致したとし、「反省の態度が全くない。常習的で再犯の恐れがある」と指摘。クロロホルムを使うなど悪質な犯行で、同様の事件の中でも重い部類だと強調した。

 弁護側は最終弁論で「DNA型鑑定の信用性に疑問があり、犯人と断定できない」と述べ、いずれの事件でも無罪を主張した。

 弦本被告は論告に先立つ被告人質問で、公判中にメモを取り続けた心境を検察官に問われ、「なぜ私が犯人にされたのか。裁判の全体を知りたいと思った」と答えた。最終意見陳述では「自分がわかっている間違いない事実は、犯人は私ではないということ」と訴えた。

 起訴状によると、弦本被告は平成28年2月に山形市で、26年10月と25年12月に山梨県で女性宅に侵入、性的暴行を加えたなどとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ