PR

ニュース 社会

【新潟知事女性問題】自由恋愛だったならば問題はないのではないか、との質問に「言葉を選ぶ時間を与えてほしい」

Messenger

 原発の検証に関しては、涙を流して言葉に詰まりながら「歴史的使命だと思っていた」と自負心をのぞかせた。就任後の自らへの評価を踏まえて「いいリーダーであることが、こんなに喜んでもらえると知らなかった」と語り、知事の座への執着心ものぞかせた。

 会見は「一政治家の問題」(県の広報広聴課)として通常の記者会見室よりも狭い会見場で行われ、普段の2倍を超える約80人の報道陣が詰めかけた。男女関係を持った女性も知事と同様に独身で、自由恋愛だったならば問題はないのではないか、との質問には答えず「言葉を選ぶ時間を与えてほしい」と繰り返した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ