PR

ニュース 社会

小池百合子知事、問題ないとの認識 都議会「やらせ質問」疑惑

小池百合子都知事(酒巻俊介撮影)
Messenger

 東京都の小池百合子知事は16日、樋口高顕都議の委員会質問案の文書作成者名が、小池氏に近い当時の都顧問になっていた件について「樋口さんが一から(質問を)作り、それに(都顧問が)アドバイスを加えたと聞いている」と述べ、問題ないとの認識を示した。都庁で記者団の取材に応じた。

 小池氏が事実上率いる「都民ファーストの会」の樋口都議は昨年9月の都議会経済・港湾委員会で市場移転問題について質問。事前に都にメールで送った質問文書の作成者名が都顧問になっていた。

 この質問を巡っては議会内で「顧問が原稿を渡したやらせ質問の疑念がある」との指摘が出ていた。

 小池氏は昨年2月、「行政と議会の役割を分担するのは当たり前」として、都職員が議員の質問を作る慣例を禁止した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ