PR

ニュース 社会

宮城の中3男子自殺か いじめ調査へ

Messenger

 宮城県栗原市教育委員会は15日、市内の中学3年の男子生徒(14)が11日に自宅で亡くなったと明らかにした。市教委は「死因は不明」としているが、捜査関係者によると自殺とみられる。いじめは確認されておらず、教職員や同学年の生徒にアンケートを実施する予定。

 市教委によると、遺書は見つかっておらず、県警が男子生徒のスマートフォンを確認したがいじめが疑われる内容はなかったという。

 昨年の夏休み明けから学校を休みがちになり、今月9日からの新学期は登校しなかった。「学習意欲が湧かないようだ」との報告が学校側から市教委に上がっていた。

 男子生徒は11日午後6時ごろ、自宅の自室で倒れているのを同居の祖母が発見。病院に運ばれたが午後7時35分ごろ、死亡が確認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ