PR

ニュース 社会

西部さん自殺幇助 逮捕前に毒物?提出

Messenger

 評論家の西部邁(すすむ)さん=当時(78)=の入水自殺を手助けしたとして、自殺幇助(ほうじょ)容疑で、東京MXテレビ子会社社員の窪田哲学(45)と会社員、青山忠司(54)の両容疑者が逮捕された事件で、青山容疑者が逮捕前の任意の調べで、毒物とみられる薬を警視庁に提出していたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 西部さんは自殺する際、この薬を入れた瓶を口の中に入れたとみられ、青山容疑者は「余った薬の処分を任された」と説明している。警視庁は死亡との因果関係を調べるとともに、毒物の入手経路についても調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ