PR

ニュース 社会

野球場の照明ケーブル盗難 群馬・館林

Messenger

 群馬県館林市は、市営の城沼野球場でナイター用の照明設備の銅製ケーブルが切断され、約360メートル分が持ち去られたと明らかにした。館林署が窃盗事件として捜査している。

 市によると、6日午後7時ごろ、利用者から「照明の一部がつかない」と連絡があった。市職員が確認すると、照明塔6つのうち2つで、それぞれ地上から20メートル付近までのケーブル9本が切断され、計約360メートル(約3万8千円相当)がなくなっていた。近くには点検用の足場が備え付けられていた。

 3月30日午後9時すぎには照明がついていたことを市職員が確認しており、切断はその後とみられるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ