PR

ニュース 社会

【森友問題】財務省、口裏合わせ認める 間違った対応と謝罪 ごみ撤去作業

参院決算委に臨む財務省の太田充理財局長(右)。左は麻生財務相=9日午前
Messenger

 森友学園への国有地売却問題を巡り、財務省の太田充理財局長は9日の参院決算委員会で、財務省理財局の職員が昨年2月に森友側にごみ撤去作業の口裏合わせを求めた疑いがあるとの一部報道の内容に関し「理財局職員が、撤去費が相当かかり、トラック何千台も走ったといった言い方をしてはどうか、といった話をした」と認めた。

 太田氏は「事実と異なる対応を求めた。誤った対応だった。おわび申し上げる」と謝罪した。

 NHKが4日、財務省の職員が昨年2月に「トラックを何千台も使ってごみを撤去したと言ってほしい」とうその説明をするよう森友側に求めた疑いがあると報道。麻生太郎財務相は5日の参院財政金融委員会で「事実関係を確認させてほしい」と述べていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ