PR

ニュース 社会

サーフィンの男性死亡 千葉・山武の海水浴場

Messenger

 8日午前8時15分ごろ、千葉県山武市の本須賀海水浴場の約50メートル沖で、40代ぐらいの男性が浮いているのを一緒にサーフィンをしていた男性の友人が発見した。別の友人が119番通報し、男性は救急搬送されたが、約1時間後に病院で死亡が確認された。

 山武署によると、男性は友人と計5人で、同日朝からサーフィンをしていた。署はサーフィン中におぼれたとみて調べている。発見時はサーフボードと足がひもでつながった状態だった。

 現場の海水浴場はサーファーに人気で、この日も多くのサーファーでにぎわっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ